高齢者住宅での活用メリット | なごみデザイン
オンライン相談受付中フリーダイヤル0800-2222-753
介護施設で土地活用

今後も求められる介護施設

日本で高齢化は進んでおりますが、2025年には団塊の世代が75歳以上になります。
国民の3.9人に1人が75歳以上、うち3人に1人が要介護認定者となります。
今後平均6.8~15.9万戸/年のペースで整備が進められておりますが、現状はまだまだ足りず、これからますます高齢者住宅が求められます。

300坪からできる社会貢献土地活用

高齢者住宅での活用メリット
①20年以上の長期一括借り上げ
②国が建設費の約10%を補助
③大幅な節税効果
介護施設

高齢者住宅とは、運営会社が高齢者に対して、介護など日常生活に必要なサービスを提供する住居施設です。

オーナー様が建物を建築し、有料老人ホーム運営会社がその建物を1棟借りして経営していきます。

高齢者人口は2042年まで増加すると予想され、その人口に比例して高齢者住宅も求められております。

通常の賃貸アパート・マンションでは人口が減少している中で、空室リスクが心配になりますが、高齢者住宅では運営会社に一括借り上げしていただくため、その心配もありません。

国も建設費の補助をしている中で、安定した土地活用方法の1つであるでしょう。

なごみデザイン無料相談実施中
Nagomi design All Rights Reseved